江東区辰巳の歯科(歯医者)医療法人社団貴成会フジイ歯科医院。審美歯科,インプラント,ホワイトニング,義歯・入れ歯

一般・小児歯科

一般歯科

一般歯科とは、虫歯と歯槽膿漏の治療、および失った歯を補うことを主とする歯科診療のことをいいます。
砕いていうと、虫歯や歯の根、歯周病等の治療、さし歯、入れ歯、予防など、乳幼児からお年寄りまでの歯とお口に関する病気の治療を行います。
これは、歯科がもともとメインとして行っている内容ですが、小児歯科、矯正歯科、口腔外科など新しく専門標榜科がうまれたため、これらと区別する意味で用いられます。通常皆さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と言います。

無痛治療

歯科医院で経験された強烈な痛みのために、歯科恐怖症になってしまう方が大勢いらっしゃいます。
当院では、積極的に無痛治療に取り組んでいます。対応できない症例もありますが、従来よりも痛くない治療をご提供できます。

無痛治療

歯周病

歯周病は放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯ぐきを支える骨の病気で、歯ぐきと歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。
歯周病の初期段階の”歯肉炎”は、子供を含むほとんどの年代の人に見られます。歯肉炎をそのまま放っておくと”歯周炎”に進行します。”歯周炎”は歯ぐきの状態が悪化し、歯を支える骨も破壊されるため歯がぐらぐらと動くようになり、最終的には抜けてしまいます。
歯周病を治すにはプロフェッショナルケアが重要です。

歯周病

お子さんに恐怖心をあたえない小児歯科

子供の歯科治療は恐怖心を与えないことです。初めはほんの少しでも出来ればほめてやりましょう。
あまりあせって治療を行い痛みを経験すると2度と歯医者に行きたがりません。小児歯科での虫歯治療の
目的は燃え上がった火を消すことです。きちっと治療ができる5、6歳までは虫歯が進行しないようにして、治療を先延ばしにします。

当院での診療方法

当院は、保護者の方に待合室だけでなく、診療室の中までお入りいただき、子供さんの手を 握って励ましていただきながら、診療するスタイルです。
むし歯治療だけでなく、歯磨き指導や食事指導やフッ素塗布も行います。
また、初期のムシバに対しては、シーラントの塗布も行っています。 子供さんの虫歯を予防するためには、定期健診が有効です。


小児科の目標は、子供さん方の乳歯を、健全な大人の歯(永久歯)に育てていくことです。


大人の歯の咬み合わせは12歳臼歯(第二大臼歯)が生えて、はじめて完成します。そのため、当院では0歳から中学生いっぱい程度までの歯科治療を行っております。健全な12歳臼歯と咬み合わせ、すばらしい笑顔と口もとを子供さん方に提供することが、私たちの願いです。


●保護者の方々に気軽に診療室に入って いただきたいと考えております。

・ムシ歯の予防方法について、各個人ごとに実際に即してくわしくお話したい。
・どんな治療をしているかを見てほしい。
・子供さんが、頑張っているのを励ましてほしい。


●学校や幼稚園での集団検診だけでなく・・・
ムシ歯なしでも油断せず、4ヶ月に一度は歯科医院で定期健診を受けましょう。 フッ素を塗って歯を強くしましょう。 (定期的に塗布すると効果があります)

TOPへ戻る